いらっしゃいませ、ゲスト

下鴨アンティーク 神無月のマイ・フェア・レディ

集英社オレンジ文庫

下鴨アンティーク 神無月のマイ・フェア・レディ

京都、下鴨——。ある日、喫茶店店主の満寿から両親の話を聞かされた鹿乃。鹿乃の母は満寿の店の前身である喫茶店「玻璃」で働いていたウエイトレスで、父はそこの常連客だったという。鹿乃は稲妻が描かれた帯を手がかりに、幼い頃に亡くなった両親の馴れ初めをたどりはじめる。また、蔵から出した枯れ菊の着物が、慧の父親に深く関係しているものだと知り……!? それぞれの「過去」が明かされるシリーズ第4弾!

594円

作品全巻

戻る
進む
もっと見る