いらっしゃいませ、ゲスト

作品詳細

ゆきうさぎのお品書き

大学生の碧は、貧血で倒れたところを、小料理屋「ゆきうさぎ」の青年店主・大樹に助けられる。母の死から、食欲不振になった碧は大樹のつくるご飯で体調を戻していった。ある日の夏、突然見知らぬ男性が閉店後の「ゆきうさぎ」を訪れた。彼は店の前の洋菓子店「桜屋」の息子・蓮。どうやら実家に内緒で帰ってきていて——!?