いらっしゃいませ、ゲスト

作品詳細

ゆきうさぎのお品書き

大学生の碧は、貧血で倒れたところを小料理屋「ゆきうさぎ」の青年店主・大樹に助けられた。「ゆきうさぎ」で働き始めて半年あまりの碧は、常連客の顔と名前は完璧に把握していた。そんな頃、ふらりと店に入ってきたのは険のある雰囲気をまとった新客で——?