土日祝日も即日OK!30日間無利息!

カードローンの借入限度額(極度額)一覧!最高いくらまで借りられるのか?

最高でどのくらいの金額まで借りられるのかは、カードローンを選ぶ際の基準にしている方は多いでしょう。

各カードローンには「借入限度額(極度額)」が决められていて、「最大でいくらまで借りられるのか?」という上限金額が存在します。

その最高限度額の範囲内で、年収や家族構成、雇用形態、勤続年数、他社借入状況などを審査して、申込者ごとに適正な利用可能額を決定します。

たとえば年収600万円の大企業の正社員の方でもすでに3~4社からお金を借りていれば借りられる金額は低くなりますし、反対に年収200万円ほどのパート主婦の方でも借金がなければ借入可能額は高くなります。

年収は借入限度額を決める要素として重要ですが、他の申込情報もみて総合的に審査を行っているのです。

各カードローンの最高限度額

以下の表を見ると、どこのカードローンでも限度額が500万円を下回ることはなくて、みずほ銀行カードローンが最も限度額が高く最大1,000万円まで借りることができます。

最高1000万円まで借りられる金融機関は地方銀行や消費者金融を含めても数多くないので、みずほ銀行カードローンならどんな利用目的にも対応できるでしょう。

カードローン名 借入限度額
プロミス 1~500万円
アコム 800万円
SMBCモビット 800万円
アイフル 500万円
三井住友銀行 カードローン 800万円
イオン銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 最大800万円

どのカードローンでも最高限度額いっぱいまで借りられるということはなく、特に消費者金融のプロミスやアコム、SMBCモビットは年収によって借りられる金額が制限されます。

消費者金融は年収の3分の1までしか借りられない

消費者金融には「総量規制」という法律が適用されています。

そのため、消費者金融のプロミスやアコム、SMBCモビットで借りられる最高限度額は年収の3分の1までとされているのです。

たとえば、プロミスで最高限度額いっぱいまで借りようと思うと、最低でも1500万円もの年収が必要になります。

しかし、実はこの総量規制は銀行カードローンは適応対象外なので、年収によって借入限度額が制限を受けることはありません。

そのため、年収がない専業主婦の方でも銀行カードローンなら借入可能です。

無収入の専業主婦の方は銀行カードローンで借りられる

総量規制対象外の銀行カードローンは、収入がない専業主婦の方でも配偶者(夫か妻)に安定した収入があれば借り入れをすることができます。

ただし、専業主婦の借入限度額は約30万円と通常よりも低く抑えられています。

申込者自身に収入がないと返済能力は低いと考えられるので、どのカードローンでも通常よりも大幅に借入可能額を抑えられています。

100万円や200万円といった高額な借り入れすることはできませんが、申し込みの際に旦那さんの同意書や収入証明書などの提出は不要なので、内緒でお金を借りられます。

初めてお金を借りる人は借入可能額が少ない

カードローン会社の最高限度額には500万円や800万円、1000万円と書かれていますが、総量規制を受ける消費者金融や収入のない専業主婦の方は借りられる金額が大幅に制限されます。

また、総量規制や専業主婦という条件に当てはまらない場合でも、初めてお金を借りる人はまだ信用が少ないので借りられる金額も少額になります。

カードローンの初回限度額にも書いてありますが、初めてカードローンを利用する方の借入可能額は平均して15万円ほどです。

日常の生活費程度なら15万円でも十分に足りるかと思いますが、希望額を満たせなかった場合は「増額」という方法で、借入可能額を引き上げることができます。

借入可能額を上げるには収入証明書の提出を求められることも

カードローンは基本的に運転免許証さえあればすぐに申し込みが可能ですが、借入希望額によっては給与明細書や所得証明書などの収入証明書の提出を求められます。

希望額が以下の表に書いてある金額を超える場合は、収入証明書の提出が必須になりますので事前に用意をしておくといいでしょう。

カードローン名 収入証明書が必要になる金額
プロミス 50万円を越える場合
アコム 50万円以上 ※₁
アイフル 100万円以上

※₁ 18,19歳の方は借入金額にかかわらず収入証明書の提出が必須です。

表の金額を超えなくても、申込情報や属性によっては収入証明書の提出を求められることもあります。

借入限度額を増額するには、借入や返済を繰り返して利用実績を積み上げる必要があるので時間がかかります。

希望額よりも借入可能額が少なかった場合は、また別のカードローンの審査を受けるほうが早く必要な金額を借りることをおすすめします。

延滞や滞納をすると利用可能額が減額されることもある

毎月の返済日を忘れずに返済をしていれば信用は高くなり、カードローン会社から増額のご案内が届き、利用可能額を増やすことができます。

反対に、滞納や延滞を繰り返してしまうと限度額が減らされたり、最悪の場合利用停止させられる場合があるので、カードローンを利用する時は返済計画をしっかり立てて毎月必ず返済するようにしましょう。

まずは審査する
閉じる
  • 今すぐお金を借りたいなら「プロミス」
    468*60
  • 土日祝日も即日融資可能「アコム」
  •                
    電話を掛けられたくない方は「SMBCモビット」
  • 低金利で限度額も高い「楽天銀行スーパーローン」
  • 30間無利息!「アイフル」