楽天銀行スーパーローンの審査の流れ!申し込みや借入の方法

楽天銀行スーパーローン
金利 1.9%~14.5%
借入限度額 800万円
審査時間 -
融資までの目安 -
お試し診断 なし
  • 銀行
  • フリーター・主婦
  • 専業主婦
  • 無利息期間
  • おまとめ・借換え
  • 担保・保証人不要
  • お試し診断
  • 収入証明不要
  • スマホだけでのお申込みが出来る!借り換えも可能!
  • 国内最大級!安心のネットバンク!
  • ご入会で楽天ポイント1,000ポイント進呈!
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • サンクス
  • e-net

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行口座をお持ちでない方でも申込可能で、審査通過後、平日の14時45分までに振込依頼をすれば、申し込んだその日の内に本人名義の銀行口座へお金が振り込まれます。

すでに楽天銀行口座を持っている方なら、融資までが早いです。

また、楽天スーパーローンの契約が完了すれば、得点として楽天市場や楽天オークション、楽天ブックスなどのサービスで利用できる「楽天ポイント」が1,000ポイントプレゼントされます。

さらに、コンビニATMだけでなく、地方銀行のATMも手数料無料で利用できる楽天スーパーローンは、他の金融機関と比べてお得な銀行カードローンと言えます。

ここでは、楽天銀行スーパーローンの審査の流れや、申し込みの手順についてご紹介します。

目次

楽天銀行スーパーローンの貸付条件(審査基準)

楽天銀行スーパーローンは、以下の2つの貸付条件(審査基準)に当てはまる方がお申し込みいただけます。

  • 年齢が満20歳から62歳以下の方(パートとアルバイトの方は60歳以下まで)
  • 勤務されていおり、毎月定期収入のある方(派遣社員、自営業、パート、アルバイトも可能)

正社員だけでなく、パートやアルバイトでもお金を借りることができるので、とても便利なカードローンです。

ボタン

楽天銀行スーパーローンの申込方法

楽天銀行スーパーローンの申込方法は、インターネットのみで、基本的に以下のように審査が進んでいきます。

楽天銀行スーパーローンの申し込み手順

画像引用:楽天銀行スーパーローン公式サイト

1. 楽天銀行スーパーローンの申込フォームにて必要な情報を入力する

楽天銀行スーパーローンはインターネットから24時間いつでも申し込みが可能です。

楽天銀行スーパーローンの公式サイトへアクセスをすると、以下の申込ボタンが表示されます。

楽天銀行申込みボタン

画像引用:楽天銀行スーパーローン公式サイト

「楽天会員」とは、楽天IDを持っている人のことです。

楽天のサービス(楽天トラベル、楽天市場、楽天ブックスなど)の利用時に入会することができ、どのサービスでも使える共通の楽天ID(会員番号)が発行されます。

すでに楽天会員になられている方は、「楽天会員(楽天IDをお持ち)のかた」ボタンから申し込めば、通常よりも入力する情報が少ないのでスピーディーに手続きを済ませることができます。

もちろん楽天会員ではない方でも申込可能で、「楽天のIDをお持ちでないかた」というボタンをクリックしてお申し込みください。

2. 楽天銀行スーパーローン申し込み完了メールが届く

それぞれの申込フォームより申し込みをし、完了すれば登録したメールアドレスに「申し込み完了メール」が届きます。

ドメイン指定受信の設定をしている人は、設定の解除か「@cc.rakuten-bank.co.jp」からの受信を可能にしてください。

審査結果も同じドメインから連絡がくるため、きちんと解除ができているか確認しておきましょう。

3. 楽天銀行スーパーローンの審査結果が届く

申込内容をもとに、審査が行われます。

審査結果の通知は早くても翌日以降になり、土日祝日を挟んだり申し込みが混み合っている場合は数日を要することもあるので、お急ぎの方はできるだけ早く申し込みましょう。

審査終了後は、申込時に記入したメールアドレスに審査結果が届きます。

4. 楽天銀行から勤務先へ在籍確認の電話がある

申込内容の審査に問題がなければ、楽天銀行から勤務先の在籍確認が行われます。

在籍確認とは、楽天銀行の担当者が直接勤務先に電話をかけ、申込者が在籍しているか確認することです。

基本的には非通知設定・個人名で電話をかけますが、申込者以外の人が電話に出て、社名を問われた場合には、楽天銀行であることを伝えるとのこと。

審査結果のメールが届いても、在籍確認ができなければお金を借りることができないので、ご注意ください。

5. 楽天銀行から申込者本人へ契約内容確認の電話がある

審査と在籍確認が終われば、申込者本人に契約内容を確認するための電話がかかってきます。

普段知らない電話番号からの電話をとらないという人でも、楽天銀行スーパーローンに申し込んでから確認電話があるまでは、電話に出るようにしましょう。

確認電話で提出書類に関する案内があれば、案内に従って提出書類を準備してください。

※手順4と5は、順番が前後することがあります。

6. 楽天銀行スーパーローンで必要な書類を提出する

申込者の携帯電話に連絡後、書類の提出が必要になります。

基本的に運転免許証などの本人確認書類さえあればOKです。

以下の書類が本院確認書類として楽天銀行スーパーローンでご利用いただけます。

【提出が必要な書類】
本人確認書類 以下(1)(2)のいずれか

(1)以下のうち1点

  • 住民票の写し(原本)
  • 印鑑登録証明書(原本)

(2)以下のうち2点

  • 運転免許証(裏面に変更情報がある場合、表面及び裏面)の写し
  • 健康保険証(お名前、生年月日、ご住所欄)の写し
  • パスポート(日本国内で発行のもの。顔写真および所持人記入欄)の写し
  • その他当行が指定する本人確認書類

※本人確認書類が1点の場合、当該本人確認書類に加え、申込登録住所が記載された納税証明書または税金の領収書、社会保険料や公共料金の領収書(発行日または領収日が3ヶ月以内)のうち、いずれか1点が必要となります。
※本人確認書類に記載の住所が申込登録住所と相違する場合、当該本人確認書類1点に加え、申込登録住所が記載された納税証明書または税金の領収書、社会保険料や公共料金の領収書(発行日または領収日が3ヶ月以内)のうち、いずれか2点が必要となります。
※健康保険証を提出する際、保険者番号、被保険者記号・番号、QRコード、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。(QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。)

上記の書類は郵送以外にスマートフォン向けアプリ「楽天銀行」で提出することができます。

スマートフォンで本人確認書類や収入証明書の画像を撮って、アプリで送信すれば提出完了です。

書類の提出は審査通過後から3日以内に行ってください。

7. 楽天銀行スーパーローンのローンカードが発行される

必要書類の確認が完了し、手続きが終了したら楽天銀行スーパーローンのローンカードが発行されます。

カードを受け取れば、提携先のATMからお金を借りられるため、より便利に利用できるでしょう。

ローンカードは契約日の翌営業日に簡易書留で発送されるため、受け取るまでに日数を要します。

ローンカードが届くまでは、振込でのキャッシングを利用しましょう。

8. 口座振替依頼書を返信する

カードとともに届いた「口座振替依頼書」を返送します。

楽天銀行口座情報を引き継いで申し込みをした人は、返送不要です。

楽天銀行以外の口座から月々の返済をする場合は、必ず口座振替依頼書を返送してください。

口座振替依頼書を返送すれば、楽天銀行スーパーローンの申し込みが完了となります。

ボタン

楽天銀行スーパーローンご契約で楽天ポイントが貰える!

楽天銀行スーパーローン公式サイトから申し込み、契約が完了すると「楽天ポイント」が必ず1,000ポイントプレゼントされます。

この楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベル、楽天銀行などを中心に楽天のサービスで利用可能。

楽天ポイントは、ショッピングや旅費など幅広くご利用いただけるので、ぜひご活用ください。

楽天銀行スーパーローンの借入方法

楽天銀行スーパーローンは下記の3つの方法で借入することができます。

  1. パソコンやスマートフォンで振込融資(ネットキャッシング)
  2. 楽天銀行カードセンターに電話をかけて振込融資
  3. 楽天銀行スーパーローンカードを使って提携CD・ATMから借り入れ

1. パソコンやスマートフォンで振込融資(ネットキャッシング)

パソコンやスマートフォン、携帯電話があれば会員サイト「メンバーズデスク」を利用していつでも自分の銀行口座に手数料無料でお金を振り込むことができます。

ちなみに、楽天銀行の口座を振込先としてご登録されている方は、24時間365日いつでも即時振り込みが可能です。

他の銀行口座を振込先として指定している場合は、平日0時10分から14時45分までにネットで振込手続きを行えば、当日中に銀行口座へお金が振り込まれます。

ただ登録口座の金融機関によっては、上記時間以外の申し込みでも当日振込みが可能な場合があります。

インターネットから申し込むと、「融資予定日」が表示されるので、必ず確認しましょう。

銀行口座に振り込まれたお金は、お手持ちの銀行キャッシュカードでATMから引き出すことができます。

楽天銀行スーパーローンカード(旧マイワンカード)が自宅に郵送されてくるまで最低でも2日はかかるので、申し込み当日中にお金を借りたい方は振込融資をご利用ください。

2. 楽天銀行カードセンターに電話をかけて振込融資

楽天銀行スーパーローンは、「楽天銀行カードセンター」へ電話をかけることでお客様名義の銀行口座へお金を振り込むことができます。

ネット振込と同じように、振込先の銀行口座に指定はなく、楽天銀行口座を登録されている方は夜中でもすぐに融資可能です。

24時間、スーパーローン専属のオペレーターが待機しておりますので、振込依頼と同時にカードローンについての相談をすることもできます。

3. ローンカードを使って提携CD・ATMから借り入れ

楽天銀行スーパーローンカードは、契約日の翌営業日に簡易書留書類にて発送されます。

ローンカード自宅に届けば、近くのコンビニや銀行などの提携ATMから24時間いつでもお金を引き出すことが可能。

楽天銀行口座をお持ちの方も24時間いつでも融資を受けられますが、他の金融機関への振込を平日の14時45分以降や土曜日、日曜日、祝祭日などの休業日に申請をすると、実際に口座に金額が反映されるのは翌営業日になるところもあるでしょう。

そのため、楽天銀行口座をお持ちでない方で、銀行営業時間外(平日0時10分~14時50分以外)にお金が必要な方は楽天銀行スーパーローンカードをご利用ください。

楽天銀行スーパーローンは、以下のコンビニや銀行などの提携ATMで手数料無料で借入可能ですよ。

【手数料無料のATM】

  • E-net(ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップ、スリーエフ、ポプラ、セイコーマート、生活彩家、セーブオン)
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • PatSat
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 北都銀行
  • きらぼし銀行(旧東京都民銀行)
  • 東京スター銀行
  • 栃木銀行
  • 愛知銀行
  • 名古屋銀行
  • 高知銀行
  • 富山銀行
  • 大光銀行

銀行によって営業時間があるので、深夜や早朝にお金を借りたい方は24時間営業しているコンビニATMをご利用ください。

コンビニATMなら土日祝日だけではなく、年末年始など365日いつでも楽天銀行スーパーローンカードをご利用いただけます。

ボタン

楽天銀行スーパーローンの金利は借入限度額によって変わる

楽天銀行スーパーローンの金利は1.9%~14.5%です。

金利(実質年率)は自分で指定することができず、以下の表のように利用可能額(借入限度額)によって適用利率が変化します。

金利 借入限度額
1.9%~4.5% 800万円
3.0%~7.8% 600万円以上800万円未満
4.5%~7.8% 500万円以上600万円未満
4.9%~8.9% 350万円以上500万円未満
4.9%~12.5% 300万円以上350万円未満
6.9%~14.5% 200万円以上300万円未満
9.6%~14.5% 100万円以上200万円未満
14.5% 10万円以上100万円未満

初めてお金を借りる人はまだ信用度が低いので、借りられる金額は20万円や30万円ほどになりやすいです。

しかし、延滞や滞納をしなければ利用可能額が見直され、増額(増枠)をしてくれる可能性も大いにあります。

返済能力があれば楽天銀行スーパーローンの限度額は増額される

楽天銀行スーパーローンの担当スタッフは、常に利用者の借入や返済状況をチェックする「途上与信」というものを行っております。

毎月滞りなく返済され、他社での追加借入もなければ、限度額の増額ができる可能性があります。

借入限度額の増額はメンバーズデスク(楽天会員サイト)より手続きができますので、追加融資を受けたい方はご利用ください。

ボタン

楽天銀行スーパーローンの返済方法

楽天銀行スーパーローンの返済方法は、基本的に銀行口座からの自動引き落としになります。

ただし、以下の銀行は引き落としができないため、該当される方は楽天銀行スーパーローンカード(ローンカード)を使って提携ATMで返済を行ってください。

口座振替が利用できない金融機関

  • ゆうちょ銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • ローソン銀行
  • GMOあおぞら銀行

上記以外の金融機関なら口座振替(自動引き落とし)をご利用いただけますが、銀行によっては返済日を指定できない場合もあります。

楽天銀行スーパーローンの約定返済日(引き落とし日)

引き落とし日は1日、12日、20日、27日から自由に選ぶことができますが、27日は楽天銀行の口座を持っている人だけが返済日として指定できます。

また、以下のように金融機関によっては指定できない返済日(引き落とし日)があるので、ご確認ください。

1、20日を引き落とし日に指定できない銀行

  • auじぶん銀行

12日を引き落とし日に指定できない銀行

  • 静岡中央銀行
  • 沖縄海邦銀行
  • 商工組合中央金庫

給料日など収入がある日に最も近い日を約定返済日に指定しておけば、滞りなく返済ができるでしょう。

楽天銀行スーパーローンの月々の最低返済額

月々の返済日に最低返済額が口座から引き落とされます。

最低返済額は、毎月返済しなければいけない最低限の金額のことをいい、借入残高によって毎月変動します。

たとえば、楽天銀行スーパーローンから3万円を借りると返済額は2,000円になります。

最低返済額 借入残高
2,000円 10万円以下
5,000円 10万円から30万円以下
10,000円 30万円から50万円以下
15,000円 50万円から100万円以下
20,000円 100万円から150万円以下
30,000円 150万円から200万円以下
35,000円 200万円から250万円以下
40,000円 250万円から350万円以下
45,000円 350万円から400万円以下
50,000円 400万円から500万円以下
60,000円 500万円から600万円以下
80,000円 600万円から700万円以下
100,000円 700万円から800万円以下

約定返済日に返済される金額は、返済日の15日前に確定してメールで送られてくるため、返済期日までに口座の中にお金を用意することを忘れないようにしましょう。

随時返済(追加返済)をして早期完済を目指そう

楽天銀行スーパーローンは、毎月の返済日に口座から自動でお金が引き落とされますが、お金に余裕があれば随時返済(追加返済)することもできます。

ご自身のタイミングで随時返済(追加返済)をするには、「振込返済」と「ATMでの返済」の2つの方法があります。

振込返済は、「メンバーズデスク(楽天会員サイト)」から振込手続きをすることで、追加返済が可能です。

また、「ATMでの返済」は楽天銀行スーパーローンカードを使って、以下の提携ATMから返済をする方法です。

楽天銀行スーパーローンの提携ATM

画像引用:楽天銀行スーパーローン公式サイト

1ヶ月に何回でも振り込むことができるため、積極的に行うことで早く完済できて最終的な利息額の合計も安くなります。

楽天スーパーローンカードで提携金融機関のATMから返済する場合は、手数料もかからないので、返済できるときはどんどん返済していきましょう。

また楽天銀行口座を返済口座に指定している方は、請求確定日の翌日から返済日の前日までに最低返済額以上の金額を返済すれば、約定日当日の自動引き落としはありません。

楽天銀行以外の口座を返済口座にしている人は、必ず約定日に返済額分が引き落とされるので、計画的に追加返済をしましょう。

ボタン

滞納・延滞をすると特別金利が課せられる

滞納や延滞をしてしまうと、「遅延損害金」といって、特別な金利が適用されます。

楽天銀行スーパーローンの場合、返済が滞った翌日から年19.9%の金利がかかります。

この遅延損害金は、請求金額に含まれるので返済額は変わりません。

ただし返済額のうち金利が多くを占めるようになるので、残高が減らないというデメリットがあります。

また、返済が遅れると保証会社(楽天銀行株式会社またはセディナ株式会社)からメールにて、催促の連絡がきますので、滞納しないように返済計画をしっかり立てましょう。

楽天銀行スーパーローンのメリット

楽天銀行スーパーローンの月々の返済額は少ない

楽天銀行スーパーローンは、他社に比べて最低返済額が低く設定されているので、毎月の返済額を少しでも減らしたいという方にオススメです。

たとえば楽天銀行スーパーローンの最低返済額は2,000円なのに対し、みずほ銀行カードローンの最低返済額は10,000円なので、金融機関によって返済額が大きく異なることがわかります。

アルバイトやパートの方など、収入が低めの方でも楽天銀行スーパーローンなら無理なく返済することができるでしょう。

楽天銀行スーパーローンは融資までの流れがスムーズ!

楽天銀行スーパーローンは審査通過後にローンカードが発行され、郵送なので自宅に届くまで2~3日ほどかかります。

ただ、本人名義の銀行口座へ振込融資をしてもらえば、ローンカードが手元になくても借り入れができるので、契約からお金を借りるまでが早いです。

また楽天銀行の普通預金口座を振込先に指定すれば、24時間振込融資が可能なので土日祝日や夜間でも融資を受けることができます。

利用手数料無料の提携ATMがたくさんある

楽天銀行スーパーローンは、専用のATMがないため、ローンカードを使って借入や返済をするなら提携金融機関のATMを利用するしかありません。

通常提携ATMを利用すると、利用手数料がかかる場合が多いのですが、楽天銀行スーパーローンは借入時の手数料が無料で利用できる提携ATMがたくさんあります

セブン銀行やローソン銀行といったコンビニATMでも手数料無料でお金を借りることができるので、出先でもすぐにキャッシングができて大変便利です。

少額の借入と返済を繰り返す予定の人でも、手数料の心配なくお金を借りることができますね。

楽天銀行スーパーローンのデメリット

楽天銀行スーパーローンの申込方法がインターネットのみ

他社のカードローンは、インターネットからの申し込みはもちろん、電話や郵便、自動契約機(無人契約機)、店舗窓口といったさまざまな申込方法で申し込むことができます。

ところが楽天銀行スーパーローンは、ネット銀行のカードローンなので、店舗窓口や自動契約機はなく、インターネットからの申し込みのみ対応。

パソコンやスマートフォンの使い方に慣れていない方にとっては、申し込みにくいカードローンかもしれません。

ただ契約後は、会員さま専用フリーダイヤルが設けられており、24時間問い合わせることができるので、安心ですね。

楽天銀行スーパーローンに申込可能な年齢が低い

楽天銀行スーパーローンに申し込みできるのは、年齢が満20歳から62歳以下の方までとなっています。

さらにパートやアルバイトの場合、60歳以下とさらに低い制限を設けています。

他社のカードローンを見てみると、65歳や70歳まで申し込み可能なところもあるため、楽天銀行スーパーローンは年齢制限が厳しいカードローンといえるでしょう。

この年齢制限により、事実上年金受給者の方は楽天銀行スーパーローンでお金を借りることができません。

楽天銀行スーパーローンの口コミ・体験談

楽天銀行スーパーローンは審査が厳しいと聞いていましたが、アルバイトの私でも審査に通ってお金を借りられました。

スマートフォンで公式サイトから申し込み、免許証の画像も送れたので簡単に申し込むことができました。

融資可能額は10万円でしたが、大学生の私には十分な金額です。

(20代前半女性・洋服店アルバイト学生)

家計は夫が管理しているので、主婦の私が自由に使えるのは毎月2万円ほど。

隣のマンションに住んでいるママ友とよく温泉巡りをしているのですが、その旅費のためにお金が必要になりました。

普段から楽天銀行の普通預金口座を利用しているので、嘘や言い訳を考えやすいだろうと思い楽天銀行スーパーローンを利用しました。

いつかバレるのではないかと心配でしたが、初めて借り入れてから半年ほど過ぎた今でも秘密でお金を借りられています。

(30代前半女性・パート)

小学6年生の娘が関東地区でも有名な私立中学を受験するために、進学塾に入ることになりました。

その教育費として楽天銀行スーパーローンを利用しました。

平日は仕事で夜遅くまで忙しい私にとって、インターネットさえあれば簡単に申し込みができるのは大きな魅力でした。

朝の出勤前に申し込んでその日の昼頃には審査通過のメールが届いていました。

手続きが迅速で、金利も銀行カードローンならではの金利で非常に満足しています。

(30代後半男性・貿易商社正社員)

楽天銀行スーパーローンのまとめ

楽天銀行スーパーローンは、ネット銀行ならではの金利でお金を借りることができ、最大限度額が800万円とゆとりがあるため、幅広い目的で利用できるカードローンです。

生活費の補填や趣味への投資といったちょっとした支出から、養育費や借り換えなどの高額融資が必要なときでも頼りになります。

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行の口座を持っていなくても申し込めるので、だれでも申し込めるという点ではこれもメリットといえるでしょう。

ですが楽天銀行の口座を持っていると、楽天市場や楽天トラベルで使える楽天ポイント1,000ポイント分がもらえるといった、さらなるメリットがあります。

また楽天銀行口座への振込融資は24時間即入金できるので、より便利に利用することができるのです。

まだ楽天銀行の口座を持っていないという人は、楽天銀行スーパーローンへの申し込みを期に、口座も開設することをオススメします。

ボタン
まずは審査する
閉じる
  • 今すぐお金を借りたいなら「プロミス」
    468*60
  • 土日祝日も即日融資可能「アコム」
  •                
    電話を掛けられたくない方は「SMBCモビット」
  • 低金利で限度額も高い「楽天銀行スーパーローン」
  • 30間無利息!「アイフル」