三井住友銀行 カードローンの審査の流れ!申し込みや借入の方法

三井住友銀行カードローン
金利 年1.5%~14.5%
借入限度額 10~800万円
審査時間
融資までの目安
お試し診断 なし
  • 銀行
  • フリーター・主婦
  • 専業主婦
  • 無利息期間
  • おまとめ・借換え
  • 担保・保証人不要
  • お試し診断
  • 収入証明不要
  • 三井住友銀行の普通預金口座の開設不要!
  • 消費者金融に比べると金利が低い!
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • サンクス
  • e-net

三井住友銀行 カードローンは年1.5%~14.5%と銀行ならではの金利なので、消費者金融に比べるとお得に利用出来ます。

借入限度額(契約極度額)は10~800万円まであるので、普段の買い物の代金からお子様の教育費、交際費など幅広い目的にお使いいただけます。

ここでは、三井住友銀行 カードローンの審査の流れと申し込みから返済方法やメリット、デメリットについてご紹介します。

目次

三井住友銀行 カードローンの申込条件(審査基準)

多くの魅力がある三井住友銀行 カードローンですが、以下の申込条件(審査基準)に当てはまる方がお申し込みいただけます。

  • 申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下
  • 毎月安定した収入のある方(アルバイト、パートでも借入可能)

毎月収入があれば、収入額に制限はありません。正社員や派遣社員、契約社員、アルバイト、パート、個人事業主の方でもお金を借りることができます。

借りたお金の使い道は自由ですが、事業用の資金としては使えないので注意してください。

三井住友銀行 カードローンの申込方法

三井住友銀行 カードローンには、以下の3つの申込方法があります。

  • インターネット
  • ローン契約機(ACM)
  • 電話(三井住友銀行 カードローンプラザ)

インターネットは24時間申し込み可能で、パソコンやスマートフォンさえあればどこからでも手続きができるのでオススメです。

三井住友銀行 カードローンの申し込みサイトへアクセスすると、以下の画像のように2つの申し込みボタンが表示されます。

三井住友銀行 カードローン申込みサイト

画像引用:三井住友銀行 カードローン公式サイト

三井住友銀行キャッシュカードをお持ちの方は、左の「当行の口座をお持ちの方はこちら」からお申し込みいただけます。

一方、三井住友銀行の普通預金口座をお持ちでない方は右の「当行の口座をお持ちでない方はこちら」からお申し込みください。

三井住友銀行公式サイト(インターネット)で申し込む場合は、基本的に以下のような手順で手続きを行っていきます。

三井住友銀行 カードローン申込手順

画像引用:三井住友銀行 カードローン公式サイト

ただし、三井住友銀行の普通預金口座の有無によって申し込みの流れが少し異なりますので、それぞれ当てはまる方法でお申し込みください。

三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方の申し込みの流れ

三井住友銀行 カードローンの公式サイトの申込ボタンを押すと、三井住友銀行会員サイト「SMBCダイレクト」が表示され、口座番号とキャッシュカードの暗証番号の入力を求められます。

入力しログインして、次に年収や勤め先、家族構成などの審査に必要な情報の入力を行いましょう。

申込が終わると、入力した電話かメールアドレスに審査結果の連絡がきて、審査通過後、以下の2つから借入方法をお選びいただけます。

  • お手持ちの三井住友銀行キャッシュカードで借りる
  • ローン専用カードで借りる

お手持ちの三井住友銀行キャッシュカードにローン機能をつけることで、ローン専用カードを受け取らなくても、すぐにお金を借りられるようになります。

ローン専用カードでお金を借りる方は、郵送かローン契約機(ACM)でカードを受け取りましょう。

郵送は自宅にカードが届くまで2日以上はかかるので、お急ぎの方はネット申込後にローン契約機でカードを受け取ってください。

ローン契約機でカードを受け取る際には、本人確認書類として運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カ-ド(顔写真付き)、健康保険証等、現住所が記載されている本人確認書類2点が必要です。

ボタン

三井住友銀行の普通預金口座をお持ちではない方の申し込みの流れ

三井住友銀行の普通預金口座を持っていない人は、「口座をお持ちでない方」のボタンから申し込みをはじめます。

「申込商品について」と「確認事項への同意」が表示されるので、よく確認してから「同意して次へ」のボタンを押しましょう。

すると再度「お申し込みはこちらへ」のボタンが出てくるので、クリックすると必要事項の記入に進みます。

全部で46項目の必要事項をすべて記入したら、下に「ご確認」のボタンが表示されるので、入力内容を確認し、間違いなければ申し込み完了となります。

審査が開始され、仮審査結果がメールか電話で回答されます。

仮審査結果の通知内容にしたがって、本人確認書類の提出をしてください。

本人確認書類の提出後、最短翌営業日に審査結果の連絡がきます。
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合があります。

審査通過後、以下の2つの受け取り方法でローンカードを受け取りましょう。

  • 郵送受け取り
  • ローン契約機(ACM)での受け取り

ローンカードの受け取り方法は、申し込みのときに選択します。

できるだけ早く借入をしたい人は、お近くのローン契約機(ACM)にローンカードを取りに行くことをオススメします。

三井住友銀行 カードローンの審査で提出する必要書類

三井住友銀行 カードローンは、本人確認書類などが審査時に必要です。

三井住友銀行 カードローンの審査で利用できる書類を、以下にまとめました。

【提出が必要な書類】

本人確認書類(以下、現住所が記載されている本人確認書類のコピー2点)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 健康保険被保険者証(両面共)

ローン契約機(ACM)にローンカードを取りに行く際も、本人確認書類を持って行きましょう。

三井住友銀行ローン契約機(ACM)の営業時間は9時から18時まで

必要書類の提出やローン専用カードの発行を行うためのローン契約機は、利用可能時間が9時から18時まで(※12月31日から1月3日を除く。契約機により営業時間、休日が異なる。)です。

ローン契約機(ACM)は、三井住友銀行ATMコーナーに設置されているので、ローンカードを受け取れば、すぐに隣接する三井住友銀行ATMでお金を引き出すことができます。

三井住友銀行ATMコーナー

画像:三井住友銀行ATMコーナー

また、プロミスは三井住友銀行グループの子会社なので、プロミスの自動契約機(無人契約機)でも三井住友銀行 カードローンのお手続きが可能です。

プロミス自動契約機にも、プロミスATMが隣接されているので、同じようにすぐに借入ができます。

ちなみに、プロミス自動契約機の稼働時間は9時から21時まで(※契約機により営業時間が異なる)となっています。

どちらの契約機も24時間営業ではないので、営業時間内に手続きをお済ませください。

ボタン

三井住友銀行 カードローンの借入方法

三井住友銀行 カードローンは以下の3つの借入方法が用意されています。

  1. 三井住友銀行ローンカードを使ってATMでの借入
  2. インターネット(SMBCダイレクト)・テレホンでの借入
  3. 自動融資(バックアップ)サービスでの借入

ただし、三井住友銀行の普通預金口座をお持ちでない方は、借入方法が「三井住友銀行ローンカードを使ってATMでの借入」もしくは「カードローンWebサービスからのお借り入れ」となります。

1. 三井住友銀行ローンカードを使ってATMでの借入

三井住友銀行の普通預金口座を持っている人も持っていない人も、基本的にATMで借り入れができます。

ただし、以下の表のように「ローン専用カード」と、「三井住友銀行キャッシュカード」で対応しているATMが異なります。

ローン専用カード 銀行キャッシュカード
三井住友銀行ATM
提携コンビニATM
ゆうちょATM ×
提携金融機関ATM ×

三井住友銀行 カードローンは、三井住友銀行ATMと提携コンビニATM(イーネット・ローソン・セブンイレブンなど)、ゆうちょATMが手数料無料です。

銀行キャッシュカード(キャッシュカード兼用型ローンカード)は、ATMにキャッシュカードを入れると画面上に「預け入れ」「引き出し」の他に「お借り入れ」と「ご返済」という項目が追加されます。

ATM画面上の「お借り入れ」というボタンを押すと、お金を借りることができます。

2. インターネット(SMBCダイレクト)・テレホンでの借入

電話かインターネット(SMBCダイレクト)を利用して、お客様名義の三井住友銀行口座にお金が振り込まれます。

SMBCダイレクトは三井住友銀行の会員専用サイトのことで、パソコンかスマートフォンを使って銀行口座に振込融資を行います。

振込先は三井住友銀行口座に限られるので、お持ちでない方は新規口座の開設が必要です。

3. 自動融資(バックアップ)サービスでの借入

自動融資機能(バックアップ)とは、クレジットカードや公共料金の引き落としの時に、利用者本人名義の三井住友銀行口座の残高が不足おり引き落としができない時に、自動でカードローンからお金を借りて不足分を補ってくれるサービスです。

自動融資により、クレジットカードの利用停止やガスや水道、電気の供給ストップを防ぐことができます。

ただし、以下の項目に該当する口座からの引き落としは自動融資(バックアップ)の対象とはなりません。

  • カードローンの毎月のご返済
  • 約定返済日の日中の口座振替
  • ご利用可能残高を越える金額の預金の引き出し
  • 普通預金口座から積立定期預金口座への自動融資
  • 投信自動積立による自動引き落とし

自動融資機能(バックアップ)を利用する場合は、三井住友銀行支店の窓口かローン契約機(ACM)で手続きが必要です。

三井住友銀行 カードローンの借入限度額(極度額)は10~800万円

三井住友銀行 カードローンの借入限度額(契約極度額)は10万円~800万円で、限度額以内であれば利用目的に制限はありません。

借入限度額は審査によって决められ、申込者個人によって金額は異なります。

審査では、年収や職種、家族構成、借入状況などを点数化(スコアリング化)し、点数が高い人ほど利用可能額は高くなります。

たとえば、年収200万円の人より年収500万円の人の方が、点数は高くなり、利用可能額が高く設定されるということです。

三井住友銀行 カードローンの金利は年1.5%~14.5%

利用可能額(借入限度額)によって適用される金利は変わります。

たとえば、以下の表の通り利用限度額が100万円以下の場合、金利は年12.0%~14.5%の中で適用利率が決定します。

利用限度額 金利(実質年率)
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年1.5%~4.5%

ちなみに、三井住友銀行の住宅ローンを利用している方で、返済に遅延がない方は、上記の金利よりも借入利率が引き下げとなる可能性があります。

ボタン

三井住友銀行 カードローンの返済方法

三井住友銀行 カードローンには以下の3つの返済方法があります。

  1. 三井住友銀行ローンカードでATMからの返済
  2. SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を利用しての振込返済
  3. 三井住友銀行口座からの自動引き落とし(口座振替)

三井住友銀行口座がある人は上記の3つの返済方法から選べますが、口座がない方は「三井住友銀行ローンカードでATMからの返済」のみ選択できます。

1. 三井住友銀行ローンカードでATMからの返済

三井住友銀行ローンカードを使ってATMから返済する場合、三井住友銀行ATM、提携するコンビニATM(イーネット、ローソン、セブン-イレブン)、ゆうちょATMがご利用いただけます。

ただし、キャッシュカード兼用型ローンカード(三井住友銀行キャッシュカード)は、ゆうちょATMをご利用いただけません。

指定の返済日までに、返済金額を入金してください。

三井住友銀行 カードローンはATM手数料無料でご返済可能です。

2. SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を利用しての振込返済

ネットバンキングサービス「SMBCダイレクト」を利用するには、三井住友銀行口座が必要となります。

パソコンまたはスマートフォンがあれば、SMBCダイレクトを利用して、返済できます。

場所や時間を気にせず、いつでもその場で返済ができるのが大きな魅力ですね。

3. 三井住友銀行口座からの自動引き落とし(口座振替)

返済期日までに、ローンカードかSMBCダイレクトでの返済がない場合は、自動的にお客様名義の三井住友銀行口座から引き落としによる返済が行われます。

口座内の残高が少なく、引き落とし金額がその月の利息未満だった場合は追加で借入ができません。

口座振替(自動引き落とし)で返済をする際には、銀行口座の残高が返済額以上残っているか事前にご確認ください。

※返済用口座の指定には別途手続きをする必要があります。

三井住友銀行 カードローンの返済日は毎月5日、15日、25日、月末

三井住友銀行 カードローンの返済日は毎月5日、15日、25日、月末から自由に選択できます。

ATMかSMBCダイレクト(インターネットバンキング)で返済する場合は、ご指定の約低返済日までに、借入残高に応じた返済額を振り込めばその月の返済は完了です。

自動引き落とし(口座振替)の場合は、振込返済がなければ、返済日に口座から引き落とされます。

三井住友銀行 カードローンの月々の最低返済額

最低返済額とは、毎月の返済期日までに返済しなければいけない最少金額のことです。

たとえば、以下の表のように三井住友銀行から10万円を借りると、ひと月の最低返済額は2,000円になります。

最低返済額なので、返済日までに2,000円以上の金額を返済すれば当月分の返済は完了するということです。

借入残高 最低返済額
借入額が2,000円未満 借入残高と利息の合計金額(上限金額2,000円まで)
2,000円以上50万円以下 10万円以下は2,000円。以後、借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加
50万円超300万円以下 60万円以下は11,000円。以後、借入残高が10万円増すごとに1,000円を追加
300万円超500万円以下 350万円以下は40,000円。以後、借入残高が50万円増すごとに5,000円を追加
500万円超800万円以下 600万円以下は60,000円。以後、借入残高が100万円増すごとに5,000円追加

早く返済するほど最終的な利息の合計金額を抑えることができるので、お金に余裕がある時はなるべく繰り上げ返済するようにしましょう。

三井住友銀行 カードローンで滞納・延滞すると遅延損害金が課せられる

カードローンを利用する人の中には、返済日を忘れていたり、口座内のお金が不足していることにより返済の滞納・延滞をしてしまう方がいます。

返済が遅れた場合は、「遅延損害金」という特別な金利が課せられ、普段の金利よりも高金利で返済しなければなりません。

三井住友銀行 カードローンの場合、返済日を1日過ぎるごとに、借入残高に対して19.94%(年利)の遅延損害金がかかります。

ボタン

三井住友銀行 カードローンのメリット

三井住友銀行 カードローンは土日でも申し込みが可能

三井住友銀行 カードローンは、9時から21時まで(12月31日から1月3日を除く)が審査結果の回答ができる時間帯になるので、お急ぎの方はこの時間帯に申し込む事が大切です。

また、三井住友銀行ATMコーナーにはローン契約機(ACM)が設置されているので、審査に通ればすぐにローンカードを受け取れます。

平日だけではなく土曜日や日曜日、祝日も申し込みが可能なので、お金がピンチな時はいつでも申し込みができますよ。

三井住友銀行の普通預金口座不要で借入可能

銀行カードローンの中には、自社の普通預金口座を持っていなければ借入ができないとするところがあります。

そのため、指定の銀行口座を持っていない方は、新規で口座の開設の手続きをしなければならず、銀行キャッシュカードやローンカードが自宅に届くまで待つ必要があるので、借入までかなりの時間を要します。

三井住友銀行 カードローンなら、三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても申し込めて、ローンカードを使うことでATMからの借入が可能。

審査通過後にローン契約機でローンカードを受け取れば、受け取った当日にお金を借りることができますよ。

三井住友銀行指定の住宅ローンを利用していれば金利が引き下げられる

三井住友銀行 カードローンでお金を借りる場合、三井住友住宅ローンやネットdeホーム、住み替えローンなど指定の住宅ローンをご利用の方は、基準金利よりさらに金利が引き下げられます(※一部除外される商品もあります)

ただし以下の住宅ローンを契約している方は、金利の引き下げができません。

  • 住宅金融支援機構(旧住宅金融金庫)直接融資のみ
  • 長期固定金利型住宅ローン(機構買収型)フラット35のみ

三井住友銀行指定の住宅ローンをご利用の方で、カードローンをお探しの方は、ぜひ三井住友銀行 カードローンを検討してください。

三井住友銀行 カードローンのデメリット

三井住友銀行の普通預金口座を持っていないと利用できないサービスがある

三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても借入は可能ですが、口座がないと利用できないサービスもあります。

三井住友銀行の普通預金口座を持っている人のみ利用できるサービス

  • SMBCダイレクト(インターネットバンキング)による借入・返済
  • 自動融資による借入
  • 普通預金キャッシュカードによる借入・返済
  • 口座振替での返済

たとえば、返済日に本人名義の銀行口座から自動で引き落とす「口座振替」も、三井住友銀行口座がなければ引き落としができません。

またすでに口座を持っていれば、普通預金のキャッシュカードがローンカードとしても使えるので、わざわざローンカードを待つことなく、すぐに借入ができます。

三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても利用できますが、口座を持っている方が格段に使い勝手がいいです。

専業主婦は三井住友銀行 カードローンに申し込めない

銀行カードローンは、貸金業法の対象外ですが専業主婦のような収入がない方の借り入れができません。

銀行カードローンは貸金業法の対象外なので、貸付限度額の規制対象とはなっていませんが、無理のない借入のために、専業主婦といった個人の収入がない方は申し込めないようになっているのです。

ただ三井住友銀行 カードローンの場合は、パートやアルバイトなどで毎月安定した収入があれば申し込めるので、パート主婦の方は申し込めるでしょう。

三井住友銀行 カードローンの口コミ・体験談

3日後にクレジットカードの引き落とし日だということをすっかり忘れていて、お金を用意していませんでした。

その月の支払額は5万円。いつも三井住友銀行の口座を利用していたので、同じ三井住友銀行のカードローンからお金を借りることにしたのです。

スマートフォンで申し込むと、運転免許証を提出するだけで翌日には審査通過の通知がきました。

しかも、いつも使っている三井住友銀行のキャッシュカードで取引ができたので、ローン契約機まで行く必要がなくて簡単にキャッシングができました。

(20代後半女性・携帯電話ショップ店員パート)

低金利のみずほ銀行を利用しようと考えていましたが、みずほ銀行は普通預金口座の開設が必要で、開設されるまで1週間ほどはかかると言われて断念。

三井住友銀行 カードローンは、口座を持っていなくても申し込み可能なので僕に要望にピッタリでした。

銀行カードローンなので、3日はかかるかなと思っていましたが、申し込んだ翌日にはカードも受け取ってお金を借りることができました。

口座を持っていなくてもお金が借りられるのは大きなメリットだと思います。

(20代前半男性・すし屋学生アルバイト)

すでにプロミスとアコムからそれぞれ20万円借りていて、もっと金利を抑えるために三井住友銀行 カードローンで借金の一本化をしようと考えました。

三井住友銀行 カードローンは800万円まで借りられるので心理的にも金銭的にも余裕があって、さらに金利も低いというのが選んだ理由です。

毎月の返済額は8,000円と他のカードローンと比べて少し高めでしたが、そのおかげで返済期間を短くすることができました。

利息の負担が少なくて、とても満足しています。

(30代前半男性・洋服店店長)

家族で海外へ旅行することになったので、その旅費のために三井住友銀行 カードローンでお金を借りました。

普段から、SMBCデビットや為替取り引き、投資信託などで三井住友銀行を利用していたので、同銀行のカードローンを利用することに。

審査の結果、契約限度額は50万円と十分なお金を借りることができました。

(40代前半男性・中古車販売店店員)

※口コミ投稿時の情報となるため、現在とは内容が異なる場合があります。最新情報は各社HPで確認してください。

三井住友銀行 カードローンのまとめ

三井住友銀行 カードローンは、銀行カードローンの中では珍しく土日でも申し込みができます。

三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても申し込みが可能です。

銀行ならではの金利で10~800万円まで借入可能なので、食費や携帯料金の支払いといったちょっとした生活費など幅広く対応できます。

三井住友銀行 カードローンの公式ページでは「返済シミュレーション」をすることができ、毎月の返済額や返済にかかる期間を事前に計画できるので、ぜひご利用ください。

ボタン
まずは審査する
閉じる
  • 今すぐお金を借りたいなら「プロミス」
    468*60
  • 土日祝日も即日融資可能「アコム」
  •                
    電話を掛けられたくない方は「SMBCモビット」
  • 低金利で限度額も高い「楽天銀行スーパーローン」
  • 30間無利息!「アイフル」