SMBCモビットの審査の流れ!申し込みや借入の方法

金利 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資までの目安 最短即日
お試し診断 なし
  • 銀行
  • フリーター・主婦
  • 専業主婦
  • 無利息期間
  • おまとめ・借換え
  • 担保・保証人不要
  • お試し診断
  • 収入証明不要
  • WEB完結申込で電話連絡・郵送なしで利用可能!
  • お勤め先確認の際に電話確認なし
  • アルバイトやパートでも安定した収入がある方は借入可能
  • 最短で即日融資が可能!!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の時間帯となる場合があります。

利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • サンクス
  • e-net

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得した信頼度の高いカードローンです。

モビットにはカードローンで唯一、会社への電話連絡をなくすことができる「WEB完結申込」というサービスがあります。

さらに自宅へ郵便物やはがきが届かなくなるので、周囲の人に知られることなくお金を借りたい方にピッタリです。

また、申し込んでから最短30分で審査結果が分かるので即日融資もできます。

ここでは、モビットの審査申込から借入の流れについてご紹介します。

目次

SMBCモビットの審査申込方法

モビットは以下の審査基準(申込条件)に当てはまる方がお申し込みいただけます。

モビットの申込条件

  • 年齢が20歳から69歳以内で、安定した定期収入のある方(アルバイトやパートも可)

収入のある方なら学生アルバイトやパート主婦、派遣社員、委託社員、自営業に関わらず申込可能です(年金収入だけの方は不可)。

また、モビットの審査申込方法は以下の4つがあり、土曜日や日曜日でも即日審査が可能です。

  1. モビット公式ホームページからの申込(24時間お申し込み可能!)
  2. 電話でのお申し込み(モビットコールセンターの受付時間:9時から21時)
  3. 郵送でのお申し込み
  4. 自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)でのお申し込み

上記の4つの申込方法がありますが、この中でもSMBCモビット公式ホームページ(インターネット)からのお申し込みが一番オススメです。

ネット申し込みはスマートフォンかパソコンでできるので、24時間お好きなタイミングですぐにお申し込みいただけます。

また、最短30分で審査が終わるので、早ければ1時間以内にはお金を借りることもできますよ。

インターネットの申し込みサイトには「カード申込」「WEB完結申込」の2種類の申込方法があります。

どちらも申込フォームに氏名や年齢、住所、電話番号、年収等を入力して、その後に必要書類の提出を行います。

必要書類とは、下記にある運転免許証などの本人確認書類と、審査状況によっては収入証明も必要になる場合もあります。

【必要書類】

本人確認書類(いずれかの1つ)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

収入証明書(いずれかの1つ)

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(2ヶ月分)

これらの必要書類はスマートフォンや携帯で写真を撮って、SMBCモビット公式アプリか申込サイトから画像を送信することができます。

「WEB完結申込」と「カード申込」はそれぞれ申込の流れが異なるので、2つの申込方法の違いを詳しくご紹介いたします。

「WEB完結申込」はネットやメールで全ての手続きを行う申込方法

「WEB完結申込」は申込から借り入れや返済まで、全ての手続きをインターネットで行う申込方法で以下の2つの条件に当てはまる方がご利用いただけます。

  • 三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の普通預金口座を持っている方
  • 全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行する保険証(社会保険証)、または会社の健康保険組合や共済組合発行の組合保険証をお持ちの方

上記の条件に当てはまらない方は、「カード申込」よりお申し込みください。

「WEB完結申込」には以下のメリットがあり、カードローンを利用する時によくある悩みや不安を解決できます。

「WEB完結申込」のメリット

  • 勤め先や自宅に電話がかかってこない
  • 郵便物が自宅に届かない
  • 自動契約機への来店不要

「会社に電話がかかってきたり、自宅に郵便物が届くと、周りの人にカードローンの利用がバレるのでは?」と不安に思い、中にはカードローンの利用を諦めてしまう方も多いものです。

モビットの「WEB完結申込」は、全てネット上で手続きができるので、誰かにカードローンの利用がバレるという心配がありません。

例えば、カードローンの審査時に行われる在籍確認ですが、モビットの「WEB完結」なら電話連絡なしになります。

また、ローンカードや書類が自宅に届くこともないので、一緒に住んでいる妻(夫)や子どもたち、親などの家族にバレません。

「WEB完結」の申し込み手順・審査の流れ

モビット公式ホームページの「WEB完結申込」というボタンを押すと申込フォームが表示され、全て入力していくと、書類の提出が必要になります。

「WEB完結」では、以下の画像のように本人確認書類と収入証明書の他に、健康保険証や給与明細書などのお勤め先を確認できる書類の提出も行いましょう。

WEB完結必要書類

画像引用:モビット公式サイト

申込に必要な情報が少ないので最短5分で申し込み手続きは完了。

早ければ30分で審査の結果がメールで通知されます。

SMBCモビットの審査結果通知可能時間は9時から21時なので、その間に審査が完了すれば即日融資も可能です。

審査に通ればモビット会員サイト「Myモビ(マイモビ)」で振込申請をすることで、お客様名義の口座にお金を振り込んでもらえます。

また、三井住友銀行のローン契約機までローンカードを受け取りに行けば、モビットカードを使っての借入も可能です。

さらにSMBCモビットの公式アプリをダウンロードしたスマホを持っていれば、全国のセブン銀行ATMからモビットカードがなくてもキャッシングできます。

原則24時間キャッシング可能となるので、大変便利です。

ボタン

「カード申込」はSMBCモビットカード(ローンカード)が発行される申込方法

「カード申込」はモビットカード(ローンカード)が発行される申込方法のことで、「WEB完結申込」よりも入力が必要な項目が少ないため、短い時間で簡単に申し込むことができます。

「カード申込」は「WEB完結」のように、保険証の種類に指定はありませんので、審査条件(20歳以上69歳以下の収入のある方)に適していれば申し込み可能です。

お申し込みが完了すると審査が始まり、最短30分で電話かメールで審査結果の回答がされます。

審査に通れば、モビットカード(ローンカード)が発行されますので、「自宅への郵送」「自動契約機での受け取り」のいずれかの方法でカードを受け取ってください。

どちらの方法でモビットカードを受け取っても以下の書類が自宅へ郵送されます。

モビットから送られてくる書類

画像引用:モビット公式サイト

※自動契約機でモビットカードを受け取った場合は、自宅に送られてくる書類の中にモビットカードは含まれません。

送られてきた入会申込書に署名と捺印をして返信用封筒で株式会社SMBCモビットへ返送すれば、契約手続きは完了です。

ちなみに、これら書類の差出人名は「MCセンター」となっているので、家族の誰かに見られてもモビットからの書類だとバレることはありませんのでご安心ください。

お急ぎの方は自動契約機でカードの発行をすること

審査に通り自動契約機(ローン契約機)でモビットカードを受け取られるお客様は、自動契約機の営業時間(利用可能時間)内に来店するようにしてください。

SMBCモビットは三井住友銀行内にあるローン契約機でカード受取が可能です。

三井住友銀行ローン契約機の営業時間は9時から21時まで(店舗により異なる)

自動契約機でモビットカードを発行する場合は、予約番号が必要になります。予約番号は審査通過後の入会手続きを終えた後にメールで通知されます。

予約番号を自動契約機に入力することで、カード発行口からモビットカードが発行されます。簡単に手続きは完了するので、すぐにカードの受け取りができるでしょう。

SMBCモビット対応三井住友銀行ローン契約機の申込み手順

SMBCモビットの審査に通るか不安な方は「お借入診断」を利用して

モビットには「お借入診断」といって、3項目(生年月日、年収、他社借入金額)を入力するだけで借入可能かを瞬時に判断してくれるサービスがあります。

審査に通るかどうか不安な方は、一度「お借入れ診断」をして、審査に通る可能性があるか確認してみるといいでしょう。

あくまで最短10秒で簡易審査結果表示されるものですので、本審査も同じ結果になるとは限りません。

お借入診断の審査に落ちたとしても、本審査に通ることはあります。

SMBCモビットで即日審査を受けるためのポイント

モビットには9時から21時までが審査結果の回答が可能な時間となっています。

ただし、審査には最短でも30分はかかるので、申込当日に審査結果を知りたい方は余裕をもって20時には申し込みを完了しておきましょう。

また、お急ぎの方は申込後に、モビットコールセンターに電話をかけて「早めに審査をして欲しい」と伝えると、混雑状況によっては審査を優先してくれるのでぜひご利用ください。

WEB完結の申し込みで、当日に振込融資をしてもらう場合は、原則24時間最短3分で振込可能です。

ただ振込先の金融機関によっては、24時間対応していない場合もあるので、事前に金融機関に問い合わせることをオススメします。

カード申込をして、申し込んだその日にモビットカードでお金を借りる場合は、ローンカードを受け取りに行く必要がありますが、三井住友銀行内ローン契約機は営業時間が21時までです(設置場所により営業時間が異なります)。

審査対応時間も21時までなので、ギリギリに申し込むとカードの受け取りが間に合わなくなる可能性があります。

いずれにしても、できるだけ早く申し込むことが大切です。

ボタン

SMBCモビットの借入方法(融資方法)

モビットには以下の3つの借入方法(融資方法)があります。

  1. モビットカードを使って提携ATMからお金を引き出す方法
  2. お客様名義の銀行口座にお金を振り込んで貰う方法(振込融資)
  3. 公式アプリを使ってセブン銀行「スマホATM取引」でお金を引き出す方法

ではそれぞれの借入方法について詳しく見てみましょう。

モビットカードを使って提携ATMからお金を引き出す方法

モビットカードは、以下のコンビニや銀行を中心に地方銀行など全国の約140,000台(2019年9月現在)の提携ATMをご利用いただけますので、借入や返済先に困ることはありません。

モビットの提携ATM

画像引用:モビット公式サイト

また、通常ならモビットカードをATMで利用すると110円(税込)から220円(税込)の手数料が必要になりますが、三井住友銀行ATMならば手数料無料で取引可能ですよ。

ATMの営業時間はそれぞれ異なるので、事前に公式サイトで調べてからATMに行くことをオススメします。

お客様名義の銀行口座にお金を振り込んで貰う方法(振込融資)

スマートフォンかパソコンからモビット会員サイト「Myモビ(マイモビ)」へアクセスし、振込申請を行うと、最短3分で自分の銀行口座へお金が振り込まれます。

振込先の銀行口座に指定はありません。

振込先の口座がモアタイムシステムに対応している場合、原則24時間最短3分でお振込可能です。

モアタイムシステムを導入していない銀行口座で、即日融資(当日融資)を受けたい場合は、平日の振込先金融機関の営業時間内にMyモビ(マイモビ)より振込手続きを行いましょう。

Myモビへログインするには、ユーザーIDと申込時に設定したパスワードが必要になります。

ユーザーIDは、審査通過後のメールに記載れているので、忘れないように控えておくといいでしょう。

公式アプリを使ってセブン銀行「スマホATM取引」でお金を引き出す方法

SMBCモビットはセブン銀行「スマホATM取引」に対応しており、SMBCモビットの公式アプリを使ってキャッシングすることができます。

手元にスマホだけ準備しておけばいいので、モビットカードを持ち歩く必要はありません。

スマホATM取引の利用方法は、以下のとおりです。

  1. スマホにSMBCモビット公式アプリをダウンロード
  2. アプリにモビットカード番号または振込キャッシング番号を保存
  3. セブン銀行ATMに行き借入手続きをする

以前はWEB完結で申し込んだ場合、振込融資しかキャッシングの方法がなく、現金を引き出すには振込手続き後に振込先金融機関のキャッシングカードで現金を引き出す必要がありました。

ですがスマホATM取引からの借入が可能になったことで、わざわざ振込手続きをする必要がなくなったので、より早く現金を引き出せるようになりました。

セブン銀行ATMは基本的に24時間営業しているので、セブン銀行とMyモビのメンテナンス時間を除いた時間帯ならいつでもお金を借りることができます。

SMBCモビットの借入限度額(利用限度額)は800万円

申込者によって借入限度額(利用限度額)は異なりますが、モビットは最大800万円まで借りることができます。

ただし、モビットは総量規制という規則で年収の3分の1までしか借りられません。

つまり、最高限度額(限度枠)の800万円まで借りようと思うと、年収は最低でも2,400万円必要ということになります。

そのため、学生アルバイトやパート主婦の方が800万円近く借りるというのは難しいでしょう。

この総量規制は消費者金融に適用される法律なので、モビットの他にもアコムやプロミス、アイフルにも同じ条件です。

もし、年収の3分の1を超えてお金を借りたい場合は銀行カードローンで借入する必要があります。

SMBCモビットの返済方法

モビットには以下の3つの返済方法が用意されています。

  1. モビットカードを使ってATMで返済をする方法(振込返済)
  2. 銀行口座から返済日に自動的に引き落とす方法(口座振替)
  3. 公式アプリを使ってセブン銀行「スマホATM取引」で返済する方法(振込返済)

振込返済はモビットカードがあれば誰でも可能ですが、口座振替は自動引落しができる銀行口座に指定があります。

また、セブン銀行「スマホATM取引」ならモビットカードがなくても振込返済が可能です。

利用状況に合わせて返済方法をお選びください。

モビットカードを使ってATMで返済をする方法(振込返済)

モビットカードを使って「振込返済」をするには、借入時と同じく全国のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート等)や銀行(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行等)のATMで返済することができます。

振込返済は、その月の最低返済額以上であれば、追加返済も可能です。

例えば、当月の最低返済額が4,000円だとすると、返済日までに4,000円以上返済すればモビットカードを使って何度でもご返済いただけます。

また、提携ATMでは全額返済(一括返済)をすることができますが、全額返済をする際には事前にモビットコールセンターに連絡し、返済総額をご確認ください。

銀行口座から返済日に自動的に引き落とす方法(口座振替)

「口座振替(口座引き落とし)」は、毎月の返済日に借入残高に応じた約定返済額が本人名義の銀行口座から自動的に引き落とされる返済方法です。

モビットでは三井住友銀行と三菱UFJ銀行の普通預金口座が、口座振替用の口座としてご利用可能で引き落とし手数料は無料です。

この2行どちらかの口座を持っていない方は、モビットカードでの返済になります。

自動引き落としなので、提携ATMまで足を運ぶ必要がなく、返済し忘れをすることはありません。

ただし、銀行口座にお金が無ければ引き落としができませんので、預金残高が少なければ入金をして滞納や延滞にならないようにご注意ください。

口座振替をご利用の方でも、お金に余裕があればモビットカードを利用してATMで随時返済することができます。

公式アプリを使ってセブン銀行「スマホATM取引」で返済する方法(振込融資)

セブン銀行ATMから振込返済をするなら、公式アプリを使ったカードレスの手続きが便利です。

手続きの方法は、お金を借りるときとほとんど同じで、セブン銀行ATMの前でアプリを起動し、スマホATM取引を選びます。

「ご入金(返済)」をタップして、入金可能金額を確認したら、ATMに表示されたQRコードを読み取り、アプリに表示される「企業番号」をATM画面に入力。

あとはATMの指示に従って操作すれば、返済完了です。

メンテナンス時間を除き、原則24時間いつでも利用できるので、都合のいいタイミングで返済することができます。

SMBCモビットの毎月の返済日は5日、15日、25日、末日から選べる

振込返済も口座振替も、5日、15日、25日、末日の中から1ヶ月に1度、お客様のご都合に合わせて毎月の返済期日(返済日)を選ぶことができます。

自身の給料日やボーナス日に合わせて返済日を選ぶと、滞り無く返済を続けられるでしょう。

ちなみに初回の返済期日は、実際の借入日によって異なるので、確認しておくことをオススメします。

約定返済日 借入日 返済期日
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月の約定返済日
20日~末日 借入日の翌々月の約定返済日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の約定返済日
10日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の約定返済日
15日~末日 借入日の翌月の約定返済日

SMBCモビットから10万円借りた時の月々の最低返済額は4,000円

モビットは借入残高によって毎月の最低返済額(約定返済額)が决められています。

最低返済額は、毎月返済しなければいけない最小限の金額のことです。

たとえばモビットでは、以下の表のように借入金額が10万円の時の最低返済額は4,000円と決められています。

借入後残高 最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超~20万円以下 8,000円
20万円超~30万円以下 11,000円
30万円超~40万円以下 11,000円
40万円超~50万円以下 13,000円
50万円超~60万円以下 16,000円
60万円超~70万円以下 18,000円
70万円超~80万円以下 21,000円
80万円超~90万円以下 24,000円
90万円超~100万円以下 26,000円
以降20万円増額ごとに 返済額4,000円増える

この最低返済額には利息も含まれているので、毎月最低返済額だけを支払っていも利息ばかり払っていてなかなか元金を返せないという状況になりやすいため注意が必要です。

適用される金利にもよりますが、もしモビットから10万円を借りて利率が年18%だとすると、1ヶ月当たりの利息は以下のように計算されます。

10万円×18%÷365×30=1,479円

10万円借りたときの最低返済額は4,000円なので、1/3ほどが利息に費やされることになりますね。

あくまで最低返済額になるので、お金に余裕があれば追加返済や一括返済もできます。

毎月、最低返済額だけを支払うのではなくて、少しでも多めに返済することで完済までに必要な利息の合計額も抑えられます。

ボタン

SMBCモビットのメリット

「WEB完結」でSMBCモビットに申し込めば、会社への電話連絡がなくて郵便物が自宅に届かない

モビット公式サイトの「WEB完結申込」を利用すれば、勤め先にモビットから電話がかかってくることがなく、また自宅へ郵便物が届くこともありません。

申し込みから借り入れや返済までのすべての手続きを、インターネット上でできるので、誰かにバレることなく内緒でお金を借りられます。

WEB完結申込を行うには、「三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の銀行口座をお持ちの方」と「社会保険または組合保険に加入の方」という2つの条件に当てはまる必要がありますが、利用する価値はかなり高いでしょう。

土曜日や日曜日、祝日でもSMBCモビットは即日審査・即日融資可能!

モビットの審査スピードは早く、インターネットで申し込めば土日祝日でも当日中に審査結果が回答されます。

審査受付時間は9時から21時までなので、即日審査を受けたい方は審査時間を考慮して1時間前の20時までには申し込みを終えておくといいでしょう。

以前ですと土曜日や日曜日の振込依頼分は、各金融機関の翌営業日9時30分ごろに振り込まれていましたが、振込先金融機関によっては24時間最短3分で振込が可能となりました(メンテナンス時間を除く)。

振込先金融機関によって受付時間が異なるので、必ず各金融機関に確認をしてください。

そのため、土日祝日にモビットでお金を借りたい方は、モビットカードを使ってATMから現金を引き出しましょう。

三井住友銀行内にあるローン契約機は、土日祝日も9時から21時まで営業しているので(店舗により異なる)、時間内であればいつでもモビットカードを受け取ることができますよ。

WEB完結で申し込んだ方はモビットカード発行がないので、公式アプリをダウンロードして、原則24時間利用可能なセブン銀行「スマホATM取引」からお金を借りるといいでしょう。

SMBCモビットの最高借入額が800万円もあり、消費者金融の中では高額

アイフルやプロミスなどの消費者金融は借入限度額が500万円なので、モビットの借入限度額800万円というのは高めと言えます。

利用可能額が高いほど、借りられる金額も増えて使いみちも広がります。

三井住友銀行ATMならモビットカードでの借入・返済手数料が無料

SMBCモビットはSMBCグループの会社になるので、三井住友銀行ATMなら手数料無料でモビットカードをご利用いただけるようになっています。

他の提携ATMは手数料がかかってしまいますが、モビットの提携ATMはメガバンクだけではなく、コンビニや地方銀行のATMでも取り引きができるので、全国どこでも気軽に借入や返済をしていただくことができるでしょう。

SMBCモビットのデメリット

SMBCモビットには無利息期間がない

無利息期間とは、期間内であれば利息0円でお金を借りられるサービスのことでです。

アコムやプロミス、アイフルなど他の消費者金融には30日間の無利息期間があるのに対して、モビットには無利息サービスがありません。

「利息0円でお金を借りたい」「利息を少しでも抑えたいという方」は、無利息期間のあるカードローンに申し込むといいでしょう。

SMBCモビットには自社ATMがない

アコムやプロミス、アイフルといった消費者金融には自動契約機(無人契約機)の隣に自社ATMが設置してあります。

そのため、ローンカードを自動契約機で受け取ればすぐに隣の自社ATMでお金を引き出すことができます。

しかし、モビットは自社ATMがないため、モビットカードを利用するためにはコンビニや銀行のATMへ向かう必要があります。

ただし、モビットの提携ATM数は他の消費者金融に比べ多いので、借入が不便に感じる人は少ないでしょう。

「WEB完結」で申し込んだらカード発行がない

SMBCモビットのWEB完結で申し込むと、郵送物がなく、カードレスでキャッシングできるので、とても便利に感じるかもしれませんね。

ですが現金でお金借りるときは、やはりモビットカードでお金を引き出すのが手軽でスピーディです。

最近はセブン銀行「スマホATM取引」から、カードレスで現金が借りられるので、それほど不便に感じることはありませんが、生活圏内にセブン銀行ATMがなければ、使い勝手がいいとはいえないでしょう。

振込での借入で問題がなければ「WEB申込」で問題ありませんが、現金での借入を考えている方は「カード申込」で申し込むのも検討してみてください。

SMBCモビットの口コミ・体験談

会社の同僚達と連日飲み会ばかりで、お金がピンチになったのでカードローンを利用することに。

いろんなサイトを見ているとモビットの評判が高かったので、モビットから3万円を借りることにしました。

社会保険に入っていたのでWEB完結申込を利用できて、会社への電話連絡や自宅への郵便物の発送をなしできました。

初めは妻や会社の同僚にバレないか心配でしたが、誰にも知られることなくこっそり現金を手にすることができました。またお金に困ったときは利用させていただきます。

(30代男性・食品会社正社員)

百貨店のセールに備えてお金が必要で、モビットならすぐにカードが発行できると聞いて選びました。

19時までパートがあるので、昼休憩の内に申し込みを済ませて、お仕事が終わってからカードを取りに行くことに。

スマートフォンの入力が苦手な私でも申込手続きが簡単にできて、カードもものの5分で受け取ることができました。

空いている時間にパパっと申し込めて、カードもすぐに受け取れる時間に無駄のないカードローンだと思います。

(30代後半女性・スーパーレジ係パート)

卒業旅行のためにモビットを利用した。

モビットカードは全国のコンビニや地方銀行のATMでも使えたから、旅先でお金に困ったときでも簡単に借りることができた。

合計で5万円ほど借りたけれど、返済額が月々4,000円からだから大学生の僕でも負担を感じることはなかった。

(20代前半男性・コンビニアルバイト大学生)

SMBCモビットのまとめ

モビットの最大の魅力は誰にもバレずにお金を借りられる「WEB完結申込」という申込方法です。

会社への電話連絡や自宅に届く郵便物、ローンカードの発行もなしにできるカードローンは現在モビットだけです。

実質年率は3.0%~18.0%なので少し高めに設定されていますが、月々の返済額を少しでも多く支払えば最終的にかかる利息の合計額を抑えることは十分可能です。

公式サイトには10秒簡易審査や返済シュミレーションがあるので、それらを利用してしっかりと返済計画を立てましょう。

ボタン
まずは審査する
閉じる
  • 今すぐお金を借りたいなら「プロミス」
    468*60
  • 土日祝日も即日融資可能「アコム」
  •                
    電話を掛けられたくない方は「SMBCモビット」
  • 低金利で限度額も高い「楽天銀行スーパーローン」
  • 30間無利息!「アイフル」