土日祝日も即日OK!30日間無利息!

年金収入でもお金を借りられるカードローンはあるの?年金受給者が審査を受けられる条件

年を取るにつれ、古くなった自宅のリフォーム費、大病を患い入院費や医療費など大金を用意しなければならない場面が多くなります。

しかし、60歳を超え退職すると、今まで貯めてきた貯金や年金に頼るしかなく、まとまったお金が用意できない人も。

そんな高齢の方が多額のお金が必要になり、お金を借りようと考えても、はたして年金収入だけでお金を借りられるのか疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

実際に年金収入だけでもお金を借りられるカードローンは存在します。

ただし、全ての消費者金融や銀行から借入れができるわけではなく、利用できるカードローンには限りがあります。

貸金業者の利用条件には「継続して安定した収入のある方」と書いてあり、年金を安定した収入とみなすかは、カードローンによって異なるためです。

ここでは、年金受給者でも審査が受けられるカードローンをご紹介いたします。

年金収入だけでも借入れ可能なカードローン

現在、年金受給者でも利用できるカードローンは「みずほ銀行カードローン」です。

このカードローンは無担保・保証人なしで借入れができ、昔のサラ金のような厳しい取り立てもありません。

ただし、カードローンを利用する際には年齢制限に注意する必要があります。

多くのカードローン会社は借入れできる上限年齢を65歳まで、最高齢でも70歳までとしています。

これは、年金を受け取る年齢となると65歳以上の高齢者の方が多く、年金以外に新たな収入が見込めない、あるいは亡くなり債権が回収できない可能性があるなどのリスクをカードローン会社が危惧するためです。

以下の表は、実際に年金受給者でも利用できるカードローンを記載してあります。

ご自身の年齢が各カードローンの年齢制限内に該当するのかご確認ください。


カードローン名 金利 借入れ可能な年齢
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0% 20歳~70歳まで

上記のカードローン会社以外は年金収入だけでは申し込みできませんが、給与の低いアルバイトやパートでも他に収入源があればお金を借りることができます。

借金を抱えたままカードローンの年齢の上限を超えると?

年金受給者の方がカードローンからお金を借りる場合、上限年齢までに完済できるとは限りません。

もし、借金が残ったまま設定された年齢を超えた場合、滞納や延滞などがなく、返済状況に問題がなければ一括返済や取り立てをされることはありません。

ただし、新たな融資や借入額を増やすことはできず、完済すると契約は自動的に終了いたします。

障碍者年金でもカードローンは利用できるの?

障碍者年金も国民年金や厚生年金と同じように、収入とみなすことができます。

しかし、障碍者年金を受給されている方は、医療費の負担が大きいと考えられるので、カードローンの審査は通常の年金より難しくなります。

民間の金融機関の借入審査を受けることもできますが、全国社会福祉協議会が提供している「生活福祉資金」をおすすめいたします。

この生活福祉資金は、障碍者手帳を交付されている方であれば利用することができます。

連帯保証人を立てると無利子で、立てないと年率1.5%の利子が付きますが、カードローンよりも安くでお金を借りることができます。

カードローン以外でお金を借りるには不動産担保ローン

年金受給者の方がカードローンを利用するには、上記の表にも書いた3社しかなく、それ以外の方法でお金を借りる手段として「不動産担保ローン」というものがあります。

これは、日本保障や住友SBIネット銀行などが提供している金融商品で、お持ちの自宅やマンションなどの不動産を担保にして借入れを行います。

借入れできる金額は、不動産価格の7割ほどと言われています。

返済できなくなれば不動産を売却し、借入金の返済に充てるので借金が残ることはありません。

しかし、物件を売り払うことで住む場所を失ったり、不動産価値の変動により、将来の売却価格より少ない金額しか借りられないリスクもあります。

不動産担保ローンを利用する際は、しっかりとした返済計画や物件の価値を見据えて申し込みを行ってください。

まずは審査する
閉じる
  • 今すぐお金を借りたいなら「プロミス」
    468*60
  • 土日祝日も即日融資可能「アコム」
  •                
    電話を掛けられたくない方は「SMBCモビット」
  • 低金利で限度額も高い「楽天銀行スーパーローン」
  • 30間無利息!「アイフル」