土日祝日も即日OK!30日間無利息!

カードローン会社からの電話連絡(在籍確認)の内容と不在時の対処法

カードローンの申し込み時には、勤め先の会社名や住所、電話番号などの情報を記入しなければいけません。

その情報をもとに、申込者には安定した収入があり、貸付けを行っても問題はないかをカードローン会社が審査を行います。

もし、申込時に大手会社員と記入した人が本当は無職だった場合、収入がないので借金の返済ができない可能性があります。

そこでカードローン会社は実際に申込者の勤め先に電話をかけ、申込情報に嘘や間違いがないことを確認します。これを “在籍確認” と言います。

初めてカードローンを利用する方で、会社へ在籍確認の電話がかかってくることに不安や心配を覚える方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

電話の内容って?

カードローン会社の担当者との通話の内容は、基本的に下のような流れになっています。

担当者:「佐藤と申しますが、高橋様はいらっしゃいますか?」

勤め先の同僚:「少々お待ちください」

本人:「お待たせいたしました、高橋です」

担当者:「高橋 太郎様でしょうか?」

本人:「はい、私です」

担当者:「この度は○○(カードローン会社名)にお申し込みいただきありがとうございます。これでお勤め先の確認とさせていただきます。」

本人:「分かりました」

担当者:「お忙しい中ありがとうございました。失礼いたします。」

まれに同姓同名を考慮して、誕生日や住所を尋ねてくる場合もありますが、上記の会話で本人が勤務先で働いていることが判断できれば在籍確認は完了です。

申込者が不在で電話に出られない場合は?

カードローン会社からかかってくる電話に、申込者本人が必ず出られるとは限りません。

会社の規模や職種によっては、本人不在で別の人が電話に応対する可能性も十分にあります。

もし申込者以外が対応しても、「ただいま席を外しております」など本人が会社に勤務していることを確認できれば、再度連絡がくることはありません。

「他の人が電話に出れば、カードローンに申し込んでいることがバレてしまうのでは?」と考える方も多いですが、カードローン会社が申込情報や個人情報を本人の許可なく第三者に提供することはありません。

カードローンへの申し込みに関する情報が絶対に漏れないよう、カードローン会社の担当者の方が勤務先に電話で連絡を行う際は、会社名ではなく「佐藤です」など個人名を名乗るようにするなど、最大限の配慮をして確認を行います。

会社の都合・方針で電話に出ることができない

個人情報の観点から、外部から電話があった時に本人に取り次げない・在籍しているのか答えることができない方針の会社もあります。

また、勤務時間が深夜の方はどうしても電話に出ることができません。

カードローン会社の担当者に相談をすれば、そうした特例のみ電話での連絡を免除し、代わりに給与明細や社員証などを提出することで在籍確認を行うこともあります。

SMBCモビットは電話での電話連絡なしで申し込みができます

初めてカードローンを利用する人にとって、カードローン会社からの勤め先への電話は大きな悩みですよね。

カードローン会社は細心の注意を払いながら電話をかけるので、他の人にバレることはほとんどありませんが、やはり心配になる方もいると思います。

そんな方は、モビットの “WEB完結” を利用すれば勤め先へ電話がかかってくることも、自宅へ郵便物が届くこともありません。

“WEB完結” の詳細はこちらのSMBCモビットのページに記載してあるのでご覧ください。

まずは審査する
閉じる
  • 今すぐお金を借りたいなら「プロミス」
    468*60
  • 土日祝日も即日融資可能「アコム」
  •                
    電話を掛けられたくない方は「SMBCモビット」
  • 低金利で限度額も高い「楽天銀行スーパーローン」
  • 30間無利息!「アイフル」