土日祝日も即日OK!30日間無利息!

毎月の返済額を少しでも安く!各カードローンの最低返済額を知る

お金を借りると「毎月いくら返していけばいいのだろう?」「自分でも最後まで返済できるかな?」と不安になりませんか?

各カードローンには最低返済額というものが決められています。

最低返済額とは、毎月必ず返済しなければいけない最小金額のことです。

ここでは、各カードローンの最低返済額についてご紹介したします。

最低返済額が最も低いのはプロミス

最低返済額というものは、借りる金額やカードローンによって異なります。

下の表には各カードローンから5万円、10万円、30万円を借りた時の最低返済額を記載します。

カードローン名 5万円 10万円 30万円
プロミス 2,000円 4,000円 11,000円
アコム 3,000円 5,000円 13,000円
SMBCモビット 4,000円 4,000円 11,000円
アイフル 4,000円 4,000円 11,000円
三菱UFJ銀行カードローン 1,000円 1,000円 3,000円
三井住友銀行 カードローン 2,000円 2,000円 6,000円
みずほ銀行カードローン 2,000円 2,000円 4,000円

上の表を見ると分かるように、借入金額が5万円の場合はプロミスが最も最低返済額が低く設定されています。

もし5万円以下のお金を借りるならプロミスを利用して、借入額が5万円を超えるなら三菱UFJ銀行が最低返済額を一番抑えられるでしょう。

最低返済額が低いほど、毎月の返済額を自由に決められる

最低返済額が低くなるほど、月々の返済額を決められる範囲が広くなります。

たとえばアコムで30万円借りると、最低でも13,000円は必ず支払わなければなりません。

ですが三菱UFJ銀行カードローンで30万円借りたら、3,000円以上返済すればいいので、5,000円でも10,000円でも自分のペースに合わせて無理なく返済できます。

つまり、プロミスよりも三菱UFJ銀行カードローンのほうが返済額を自由に設定できるということになります。

カードローンを利用する時は返済額の低い会社を選ぶほうが返済の負担が少ないでしょう。

最低返済額の低いカードローンは返済期間や返済額に注意

最低返済額が低いほど、返済期間が長くなってトータルの返済額が多くなりやすいという特徴があります。

以下の表は各カードローンから10万円を借りて、最低返済額で毎月返済を行った時の完済までの返済回数と返済額の合計です。

カードローン名 最低返済額 返済回数 返済額の合計
プロミス 4,000円 32回 125,864円
アコム 5,000円 25回 123,709円
SMBCモビット 4,000円 32回 126,260円
アイフル 4,000円 32回 126,2601円
三菱UFJ銀行カードローン 1,000円 167回 168,820円
三井住友銀行 カードローン 2,000円 78回 154,259円
みずほ銀行カードローン 2,000円 78回 153,673円

例えばアコムとSMBCモビットから10万円を借りて、それぞれ最低返済額で返済していくとします。

アコムは25回で完済できて総返済額は123,709円で、SMBCモビットは32回で完済できて総返済額は126,260円になります。

アコムはSMBCモビットよりも返済回数を7回少なくできて、返済額は2,551円も抑えられるのです。

最低返済額が低いほど、毎月の返済はかなり楽です。

しかし、最低返済額が低いほど返済期間が延び、返済額が高くなります。

最低返済額で返済していく時は、「返済期間はいつまでか」「返済額はいくらになるのか」をきちんと確認しましょう。

※アコムは18,19歳の方の申し込みは収入証明書の提出が必須です。

まずは審査する
閉じる
  • 今すぐお金を借りたいなら「プロミス」
    468*60
  • 土日祝日も即日融資可能「アコム」
  •                
    電話を掛けられたくない方は「SMBCモビット」
  • 低金利で限度額も高い「楽天銀行スーパーローン」
  • 30間無利息!「アイフル」