土日祝日も即日OK!30日間無利息!

「残高スライド元利定額リボルビング方式」と「元利定率リボルビング方式」の違い

大手銀行や消費者金融のカードローン商品説明書を見ると、返済方式の欄に「残高スライド元利定額リボルビング方式」「元利定率リボルビング方式」などと書いてあります。

しかし、その返済方式を見てもいまいち意味が分からない人も多いのではないでしょうか?

実は、同じ金利でも返済方式が違うだけで、返済期間や返済のしやすさに差が出てくるのです。

今回は、カードローンの主な返済方式である「残高スライド元利定額リボルビング方式(残高スライド元利定額返済方式)」と「元利定率リボルビング方式」の違いについて解説します。

リボルビング方式とは?

現在のカードローンの主流となっている返済方式は「リボルビング方式」です。

これは、リボルビング払い(リボ払い)と同じ意味で普段クレジットカードを利用する方はよく耳にされると思います。

リボルビング払いとは、毎月の約定日(返済日)に一定の金額を返済していく方法です。

例えば、毎月の返済額を1万円とすれば、完済まで同じ金額を返済していきます。

もし、追加でお金を借りたとしても月々の返済額は増えることなく、返済期間だけが延びていきます。

このような特徴を持つリボルビング方式には、「残高スライド元利定額リボルビング方式」と「元利定率リボルビング方式」の2種類があります。

残高スライド元利定額リボルビング方式

残高スライド元利定額リボルビング方式というのは、「残高スライド方式」「元利定額リボルビング方式」という2つの言葉が1つになったものです。

「残高スライド方式」は、貸金業者があらかじめ借入残高ごとに最低返済額の割合を決めて、債務者(お金を借りている人)は借入残高に応じた金額を返済することです。

たとえば、借入残高が10万円以下ならば毎月の返済額は3,000円、10~30万円であれば5,000円というように、貸金業者は借入残高によって最低返済額を決めます。

もし5万円を借りていて追加で3万円を増額しても、借入残高は10万円以下なので毎月の返済額は3,000円になります。

また、「元利定額リボルビング方式」とは、貸金業者によって決められた一定の返済額の中に元金や利息、手数料などを全て含めることです。

このことから残高スライド元利定額リボルビング方式は、以下の3つの特徴があります。

  1. 毎月の最低返済額は貸金業者の定めた金額になる
  2. 返済金額の中には元金や利息、手数料などすべて含める
  3. 毎月の支払額は決められた範囲内では一定である

カードローンによって「残高スライド元利定額リボルビング方式」や「残高スライド元利定額返済方式」と書かれていますが、どちらも同じ返済方式です。

現在、アコム以外の全てのカードローンが「残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用しています。

元利定率リボルビング方式

元利定率リボルビング方式は、毎月の借入残高に貸金業者が決めた「定率(割合)」をかけて、当月の返済額を計算する方法で、アコムが採用している返済方式です。

返済額の中には、元金の返済だけでなく利息も中に含まれています。

たとえば、元利定率リボルビング方式を採用しているアコムで10万円を1ヶ月間(30日間)借りた時の返済額を計算してみましょう。

アコムの定率は借入限度額によって下の表のように変化します。

借入限度額 定率
1万円~30万円以下 4.2%以上
30万円超~500万円以下 3.0%以上

※アコムは18,19歳の方の申し込みは収入証明書の提出が必須です。

アコムを初めて利用する方は平均14万円ほどしか借りられないので、今回は借入限度額が30万円以下で定率が4.2%と仮定して返済額を算出します。

定率を4.2%とすると、1ヶ月の返済額は100,000円×4.2%(定率)=4,200円です。

しかし、アコムは返済額の1,000円未満の金額を切り上げて計算するので、10万円を借りた場合は初月の返済額は5,000円になります。

この返済額5,000円の中には、アコムの1ヶ月の利息1,479円も含まれています。

元利定率リボルビング方式は、返済額が一定な残高スライド方式とは違い、借入残高によって返済額は大きく変化します。

このことから元利定率リボルビング方式には、以下の3つの特徴があります。

  1. 毎月の返済額は貸金業者の定めた定率との乗算によって決まる
  2. 返済金額の中には元金や利息、手数料などすべて含める
  3. 返済額が変動しやすいので予算が立てにくい

返済期間の短さか、返済のしやすさで返済方式を決めよう

「元利定率リボルビング方式」は「残高スライド元利定額リボルビング方式」より、返済期間が短くなりやすい傾向があります。

例えば、「元利定率リボルビング方式」のアコムと「残高スライド元利定額リボルビング方式」のアイフルから10万円借りた時の返済額と完済するまでの返済回数を比べてみましょう。

金融機関名 返済額 完済までの返済回数
アコム(定率4.2%) 5,000円 25回
アイフル 4,000円 32回

上記の表を見るとアイフルよりアコムの返済額のほうが高いため、早く完済することが分かります。

ただし、これは最低返済額ですので、アイフルをご利用の方でも毎月5,000円を返済してけばアコムと同じくらいの返済回数になります。

毎月通知される返済額を払うのではなく、少しでも多くの金額を返済することが大切です。

一方、「残高スライド元利定額リボルビング方式」は返済計画が立てやすいという特徴があります。

借入残高によって返済額が大きく変動する「元利定率リボルビング方式」に比べて、「残高スライド元利定額リボルビング方式」は10万円以下は3,000円と返済額が一定になっているので、毎月の予算が決めやすくなります。

早期返済を目指すなら「元利定率リボルビング方式」で、返済のしやすさを求めるなら「残高スライド元利定額リボルビング方式」がオススメです。

まずは審査する
閉じる
  • 今すぐお金を借りたいなら「プロミス」
    468*60
  • 土日祝日も即日融資可能「アコム」
  •                
    電話を掛けられたくない方は「SMBCモビット」
  • 低金利で限度額も高い「楽天銀行スーパーローン」
  • 30間無利息!「アイフル」