土日祝日も即日OK!30日間無利息!

携帯料金を滞納するといつ止まる?携帯代が払えない場合の問題と解決策

「アルバイトやパートで給料が少なくて、今月分の携帯代が払えない」「長電話で通話料が思ったよりも高くて支払えない」など、様々な理由で携帯料金のお支払いができない方はいらっしゃると思います。

携帯料金を払えずに滞納や延滞をしてしまうと、未納分の金額を請求されるだけではなく、延滞利息が支払額に加算されたり、ブラックリストに登録されれば信用を失い、支払いをしても最低5年間は携帯電話の新規契約や機種変更ができなくなります。

もしお金に余裕が出てきても、ブラックリストに情報が登録されているがぎり、端末の分割払いや携帯会社の乗り換えなどをすることは出来ません。

ここでは、携帯代が払えず滞納することで発生する問題やいつ電話回線が止められるのか、また支払えない時の対処法についてご紹介します。

携帯料金を滞納することで起こる問題

携帯料金を滞納すると、約1週間後にメールかハガキで未納分の支払請求書が届きます。

その支払請求書には、支払金額と再支払期限が記載されていて、支払期限までに指定の金額をコンビニか銀行窓口で一括払いをする必要があります。

支払期限はおよそ1ヶ月ほど設けられているおり、期間内に支払いをすれば回線を止められたり、延滞料金を取られることはありません。

しかし、その再支払期限を過ぎると、延滞期間の長さによって以下のような問題が発生します。

  • 電話やメールができなくなる
  • 契約を強制解約させられる
  • 延滞利息が課せられる

電話やメールができなくなる

携帯代が支払えない人の中には「いつ回線を止められるのか?」と心配になっている方もいるでしょう。

再支払請求書に書かれている支払期限を過ぎても支払いがされていないと、その2、3日後に携帯電話回線がストップします。つまり、最初の支払日から約1ヶ月ほどで電話が止められるということになります。

回線が止められると、以下の機能やサービスが使用できません。

  • 電話(発信と着信)
  • キャリアメール(送信と受信)
  • 携帯回線(3G、LTE、4G等)を利用したインターネット

キャリアメールとは、メールアドレスの末尾が「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といったドコモやソフトバンク、auなどのキャリアが独自に提供している電子メールサービスのことです。

しかし、自宅にwi-fi環境のある方なら携帯回線が止まっていてもLINEやSkype、Twitter、Facebookなどのアプリは利用可能です。

契約を強制解約させられる

携帯回線が止められてから、約1週間後に再支払請求書が自宅に届き、それでも支払いがされなければ契約が「強制解約」されます。

強制解約されても支払いが消滅することはなく、全額支払われるまでは督促状や請求書が毎月のように自宅に届きます。

また強制解約されると、CICなどの個人信用情報機関に滞納をした事実が記録されてしまいます。

個人信用情報機関に登録されたブラック情報は、未納金を全額支払ってから最低でも5年は残り、お金に余裕があっても携帯の新規契約や分割購入はできません。

さらに、個人信用情報機関に記録されている情報は、携帯会社だけでなく、銀行やクレジット会社とも共有しているので、滞納や強制解約という記録がある場合、クレジットカードの審査にも通らなくなるなどの影響があります。

延滞利息が課せられる

滞納すると、「延滞利息」といって滞納した期間だけ特別に加算される罰金のようなものがあり、大手3大キャリアのドコモとソフトバンク、auの利率は以下のように設定されています。

携帯会社名 延滞利息の利率
ドコモ 14.6%
ソフトバンク 14.6%
au 14.5%

たとえば、ドコモで7,000円を滞納をした場合、延滞利息の利率は14.6%なので、未納分(7,000円)×14.6%÷365日で1日毎に280円ずつ加算されていく計算になりますね。

これらの未払い金や延滞利息は必ず一括払いをしなければいけません。

そのため、お金に余裕がなくて毎月の支払いが大変な人ほど、滞納期間が長期化しやすく、利息がどんどん膨れ上がっていきます。

携帯代を支払えない方はカードローンがおすすめ

携帯やスマートフォンの月額基本料や端末代、通話料は全てまとめて一括で支払いをしなければいけません。

SIMフリーの格安携帯ならまだ支払いやすいかもしれませんが、ドコモやソフトバンク、auといった三大キャリアの料金は高額で毎月7,000円~10,000円ほど必要な方もいるのではないでしょうか。

その料金を毎月一括で支払うとなると、アルバイトやパートをしている人で給料の少ない月はかなりの負担ですよね。

携帯代の滞納や延滞を防止するためには、親や友達からお金を借りる方法や日雇いのバイトをする方法、カードローンでお金を借りる方法など様々な対処法があります。

しかし、親や友達などの知り合いに「お金を貸して欲しい」とは頼みづらいですし、借りられたとしても信用がなくなりますよね。

日雇いのバイトをするにしても、今から仕事先を探し出して申し込み、働いてお金を貰うにはある程度の時間がかかりますしかなりの手間です。

カードローンなら知り合いに「お金を貸して欲しい」と言う必要もなく、即日融資可能なカードローンに申し込めば最短1時間以内にお金を用意できます。

下記のカードローンは審査時間が特に短くて、借入に必要なローンカードを受け取れる無人契約機(自動契約機)が駅周辺や幹線道路沿いに設置されているので便利にお金を借りられます。

カードローン名 審査時間
プロミス 最短30分
SMBCモビット 最短即日
アコム※₁ 最短30分
三菱UFJ銀行カードローン
三井住友銀行 カードローン

※₁ 18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。

携帯代の支払日を間近に控えた方は、上記のような融資までの時間が短いカードローンを選択すると良いでしょう。

また、カードローンには「振込融資」といって、お客様名義の銀行口座にお金を振り込んでくれるサービスがあります。

三菱UFJ銀行カードローンと三井住友銀行 カードローンは同銀行口座にのみ振込可能ですが、プロミスやアコム、アイフル、SMBCモビットは振込先を自由に選択することができます。

毎月の携帯代の支払い方法が口座振替(自動引落し)の方は、カードローンの「振込融資」を利用すれば、借りたお金を直接支払い用口座に振り込むことができるので、ぜひご活用ください。

収入が少なくて毎月の携帯料金の支払いに困っている人は返済額を比較

カードローンは、分割払いで毎月の返済額が低く設定されているので、収入が少なくても毎回の返済がしやすいという特徴があります。

派遣社員や契約社員、アルバイト、パートの方で月収が少なくて、毎月2,000円や3,000円くらいしかお金の用意ができないという人は、月々の返済額が安い金融機関を選ぶと良いでしょう。

審査時間が短くすぐにお金を借りられるカードローンの中でも、三菱UFJ銀行カードローンは最低返済額が1,000円で、プロミスや三井住友銀行 カードローンは最低返済額が2,000円と特に安く設定されています。

カードローン名 最低返済額
三菱UFJ銀行カードローン 1,000円
プロミス 2,000円
三井住友銀行 カードローン 2,000円
アコム 3,000円
SMBCモビット 4,000円

一括払いをしなければいけない携帯料金を、カードローンを利用して分割払いすれば一ヶ月の給料が少ない方でも経済的負担に感じることがないでしょう。

携帯料金は延滞期間が長ければ長いほど社会的信用は失われ、支払総額が高くなっていくため、少しでも早く支払いを行うことをおすすめします。

まずは審査する
閉じる
  • 今すぐお金を借りたいなら「プロミス」
    468*60
  • 土日祝日も即日融資可能「アコム」
  •                
    電話を掛けられたくない方は「SMBCモビット」
  • 低金利で限度額も高い「楽天銀行スーパーローン」
  • 30間無利息!「アイフル」