カードローン初心者のための基礎知識(2 / 3Page)

すでに借金があると新しくカードローン審査の申し込みをしようと思っても、審査に通るのか不安になりますよね。しかし、絶対に審査に通りたい。他社借入がある状態で審査に通過するのか判断するには、借入額と借入件数を把握する必要があります。ここでは他社借り入れがあってもカードローン審査に通る条件をご紹介します。

結婚式やお葬式、同窓会、医療費など急にお金が必要になった時ほど、貯金や持ち合わせがないことってありますよね。「次の給料日やボーナスまでもうすぐなのに、利息を払うのはもったいない」。ここでは、無利息(利息なし)で借入れができるカードローンについてご紹介します。

大学生になると旅行や買い物、デート、学費などたくさんお金が必要になりますよね。毎月のアルバイト代だけでは足りない時、借金をする方法もあります。しかし、初めて学生ローンを利用する人にとっては不安に思うことが多いでしょう。ここでは、カードローンの利用を迷っている学生さんの疑問にお答えします。

借金の返済が遅れれば必ず貸金業者から督促・催促の連絡があります。しかし、滞納・延滞をする状況というのは精神的に追い込まれ、落ち着いて考えることができません。事前に督促や催促の流れを知っておけば考える余裕が少し生まれます。ここでは、督促・催促の流れと対処方法についてご紹介します。

急な転職や引っ越し、一人旅やダイエットなど女性でもお金がたくさん必要になる時ってありますよね。でも、貸金業者からお金を借りるのは少し怖い。そんな女性のために女性専用のカードローンがあるのです。ここでは、女性でも安心して利用できるレディースローンについてご紹介します。

カードローンを申し込むとき、無人機や窓口には入りづらい人も多いのではないでしょうか?そんな人の大きな味方となるのが「来店不要」のカードローンです。ここでは、来店不要のカードローンを選ぶときの注意点と解決策をご紹介します。

借金をしていることは、例え信頼のおける家族であってもバレたくないものですよね。しかし、黙っていても銀行や消費者金融から送られてくる書類や郵便物で発覚してしまう人は多いのです。今回は、郵送物なしでカードローンを利用するための注意点を3つご紹介します。

カードローンは利便性・即日性の高い商品です。しかし、どんな製品やサービスにも必ず欠点があります。そうした短所を知っておかないと、滞納や自己破産などのリスクにもつながってしまいます。今回は、リスクを未然に防ぐためにカードローンのデメリットをご紹介します。

皆さんが必ず確認をされる金利。しかし、どのカードローンの契約内容を見ても「実質年率4.8%~18.0%」などと書かれていて、実際の利息額はいくらなのか分からない人も多いのではないでしょうか?こちらでは、金利の仕組みと利息の計算の仕方についてご紹介します。

複数の消費者金融から借りており、「年収の3分の1以上の貸付けは出来ない」と追加融資を断られた方も多いのではないでしょうか?消費者金融から借りられる上限額は総量規制によって決定されています。そのため年収の3分の1を超えて借入を行うには、銀行カードローンしか方法はないのです。

まずは審査する
閉じる
  • 今すぐお金を借りたいなら「プロミス」
    468*60
  • 土日祝日も即日融資可能「アコム」
  •                
    電話を掛けられたくない方は「SMBCモビット」
  • 低金利で限度額も高い「楽天銀行スーパーローン」
  • 30間無利息!「アイフル」